ピュアアイ
▼ピュアアイ
また、カップリングパーティは年に140回以上もありますので、自分のスケジュールにあわせることができるのもメリットになっています。

パーティに参加するにあたっては、基準や資格がありますが、パーティによって違います。年齢別、職業別、ピュアアイの目的別などに分かれており、より素敵な出会いができるのが大きな特徴になっています。


仕事が忙しくてカップリングパーティにいけない方や、参加に不安や戸惑いがある方は、通常の出会い検索機能で自分の好みの方を探してみるようにしましょう。
ピュアアイの出会い検索機能は、一般的な項目だけでなく年収や身長などの項目もあり、より自分にふさわしい相手を検索することができますので、自分の好みの方を探すことができます。

ピュアアイは有料サイトです。女性は完全無料で利用することができるようになっています。男性の方に掛かる費用はメールを送信する時のみなので、思っているほど高い費用にはなりません。

また、個人情報などの面において不安がある方も最近は多くなってきていますが、セキュリティも安全に徹底してありますので、心配はいりません。

ピュアアイは多くの方に素敵な出会いができるように様々な方向でサービスを提供しています。忙しい方にもお勧めで出会い系サイトなので、一度訪れて素敵な出会いをしましょう。また、カップリングパーティに参加してみるのもお勧めです。

出会い系サイトを利用する際に一番気になるのは、セキュリティ面です。しかし、ピュアアイはセキュリティ面において万全の体制をとっているので、利用する際に不安を感じることはありません。心配もいりません。
この事実を現す事ができるのが、ピュアアイが非営利団体「TRUSTe」のライセンスを取得していることなのです。このライセンスは個人情報保護には一定以上の基準を満たしてないサイトには付与されることはありません。
「TRUSTe」のロゴが入っているサイトは信頼を得ていると言えるのです。

ピュアアイは「TRUSTe」の厳しい審査を適合した上で個人情報取扱いを行っていますので信頼することができるサイトです。

それだけではなく、ピュアアイ内での情報送信においては、SSLという高度な暗号技術が使われているので、自分の情報を他人に見られたりすることはありません。一番心配なセキュリティ面ですが、ピュアアイでは様々な対策を行い情報を管理しています。

セキュリティはもちろんですが、ピュアアイは、カップリングパーティの開催や検索機能なども充実しています。初心者の方が利用するにしても、使いやすく真剣に出会いを求めるには適しているサイトと言えます。

ピュアアイを利用する際には、男性は料金が発生しますが、低価格で抑えているので、経済的にも安心して利用することができます。

セキュリティと出会い機能が揃っているピュアアイを通じて、自分にあった相手を探して、楽しい毎日を過ごしてください。

年齢層も幅広いので自分の年齢に適した相手と出会うことができます。

南アフリカ共和国北部の洞穴から、195万〜178万年前と推定される猿人の化石が見つかり、アウストラロピテクス属の新種「セディバ」に分類したと、同国のウィットウォーターズランド大の研究チームが9日付の米科学誌サイエンスに発表した。現生人類を含むヒト(ホモ)属に似た特徴があり、祖先に当たる可能性があるという。
 ただ、東アフリカでは当時、既にヒト属がいたとの見方が有力。南アフリカでは300万〜240万年前に、アウストラロピテクス属のアフリカヌスがいたとみられ、研究者の間では今回の化石はその子孫との見方もある。今後の調査により、ヒト属の起源解明が期待される。
 セディバとは、現地語で泉の意味。化石は10歳前後とみられる少年の頭骨や、30歳前後の女性の肩や右腕の骨など。身長は2人とも1メートル30センチ程度、体重は少年が27キロ、女性が33キロと推定された。
 小柄で腕が長く、少年の脳容量が約420ccと小さい点は、アウストラロピテクス属に近い。一方で、歯が小さく、ほお骨があまり張り出していないことや、足の長さ、骨盤の特徴は、初期のヒト属に似ているという。
 2人が母子かは不明だが、ほぼ同時期に近い場所で死んだもよう。地下で入り組んだ洞穴には落とし穴のようなところがあり、レイヨウやウサギなどの獣骨も多数あった。約15キロ先には、1924年にアフリカヌスの化石が発見され、世界遺産となったスタークフォンテン洞穴がある。
4/9 9:54
▼ピュアアイ

車内ライター、簡単着火の電子式か…4児焼死
北海道厚沢部(あっさぶ)町社(しゃ)の山(やま)で子供4人が死亡した車両火災で、車内から発見されたライターの金属片は、子供でも押すだけで簡単に点火する電子式の使い捨てライターだった可能性があることが5日、道警の検証で明らかになった。

 道警が3、4日に行った炎上したワゴン車の検証で、車内と火災現場の路上から、使い捨てライターの金具部分と見られる金属片が見つかっている。

 捜査幹部によると、このうち路上で発見された金属片には、ライターの回転ヤスリと見られる金属が付いていたが、車内で見つかった金属片には付いていないことから、レバーを押して点火する電子式ライターの可能性があるという。

 亡くなった子供の父親で函館市桔梗(ききょう)1の無職棚橋智也さん(24)は道警に、「長女のライター遊びを注意したことがあった」と話しており、道警では出火原因との関係を調べている。

 レバーを押し下げるタイプの電子式ライターは、子供でも簡単に着火できることから危険性が指摘されており、経済産業省でも問題点が議論されている。


4/5 19:24
最新投稿

Presented by Z-Z BOARD