123654アクセス

農味塾



E-mailは非公開です。

Name
Title
Comment
Password (削除パス)


 
  Name 塾長

今週は葱の定植をしますが、葱苗は採り置きができませんので授業時間に来ないと苗は教室に置いて無いと思います。今週来るのが無理な場合は来週でも問題ありませんので来週の授業時間に来て下さい。ただし、果菜類の収穫は一週間の猶予は与えてはくれませんので、収穫を忘れずに!
2017/6/22 21:54
 Del
 
 


 
  Name 塾長

きゅうりにカボチャの花が咲いたとのことですが、定植時より話をしていますが、当塾の果菜類の苗は全て特注で接ぎ木苗を使用しています。そのため、台木から芽が出ると違った物ができます。台木用として作られた物なので、その実は食べられないと思います。また、それに栄養を取られてしまいますのでキュウリの生育が悪くなっているととおもいます。なすはとげの生えたおかしな葉がでます。トマトは見た目は一緒ですが果実はいかなるものができるやら、ピーマンの台木はトウガラシができるはずです、このトウガラシがただ辛いだけのおいしくないものだと思います。私が無謀な挑戦をしたわけではないのですが、いろいろな生徒さんが過去にはいまして、その人達の感想です。傾いたトウモロコシは自力で立ち上がろうとします。起こしてあげる場合は茎を折らないようにそっと起こし株元に土寄せして支えて下さい。
2017/6/22 21:44
 Del
 
 


 
  Name 133

トウモロコシ


遠目に様子を見たところ、この強風でトウモロコシがいくつか傾いてました。カラス除けの対策ができてないので、周りにネットを張りたいのですが、傾いたのを起こしても良いものなのでしょうか?
2017/6/21 19:17
 Del
 
 


 
  Name 野村

きゅうりにかぼちゃの花が咲きました


きゅうりにかぼちゃの花が咲いています。きゅうりはどうなりますか。
かぼちゃは大きくなりますか。
切ったほうがいいですか。
ご指導願います。
下の投稿の方も同じかと思います。
[農園番号]
118
2017/6/20 19:26
 Del
 
 


 
  Name 107

きゅうり!?


きゅうりの苗の1本が、どうやらきゅうりじゃないようで(意味、わかりますか?)、大きな花が咲き、メロンの子供みたいな実がなっています。
どうしたら良いでしょうか?
2017/6/20 11:50
 Del
 
 


 
  Name 塾長

雨が降らなくて、葱苗が育ちません。冬場の低温乾燥で発芽が順調でなかったところに、この少雨。まして、今年、葱苗を作っている畑は盛り土をしたりしてまだ大地の恵みが十分に得られない畑なので、葱の成長が遅れています。そこで、今年は葱は畝の半分だけにして、残りの半分に違う野菜をいれます。乞うご期待を!
2017/6/12 18:52
 Del
 
 


 
  Name 塾長

塾の開始時に、話はしてあると思うのですが、予定表に何も書いて無いと出席がすくないです。この時期はちょっとでも気を抜くと果菜類が収拾つかなくなります。私もあまりの過繁茂には手直しはできかねますので、出席しなくて繁茂し過ぎた場合は放任栽培を勧めるようにしています。形状に差はでるかもしれないが、収穫総量に差がないのが私のジレンマです。
2017/6/11 21:26
 Del
 
 


 
  Name 塾長

そろそろ、トマトが色づくとカラスがやってきます。奴らには先制パンチが最も有効です。様子を見に来た時になにかしらの妨害に(ネットが張ってある等)会うと寄ってこなくなりますが、抵抗なく食することが出来た場合はその後は少々の防御では防げないくらい襲ってきます。トマトが色づく前に対策をしましょう、トウモロコシにアワノメイガがつきはじめました。見つけて殺しましょう。
2017/6/9 19:04
 Del
 
 


 
  Name 塾長

今週は、ピーマンに支柱を立てます。今日見て来た中には、キュウリが30センチ以上になっていた人もいました。果菜類は果実を大きくすればするほど、樹に負担がかかるので後が悪くなります。早めの収穫を心がけて下さい。テレビのなかで高級料理の添え物にキュウリの花が使われたりしているのを見ます。そんな風な使い方をすればバットみたいなキュウリをぶら下げることはないと思います。
2017/6/2 19:22
 Del
 
 


 
  Name 塾長

天気予報で言ってましたが、今年は雨量が極めて少ないらしい。野菜にとっての大敵・(害虫は)ともかく高温・乾燥が大好き。いま、畑はモンシロチョウが、親族総出で運動会をしています。奴らは野菜に留れば卵を産みつけています。卵は必ず野菜を食べる害虫になります。
2017/6/1 21:25
 Del
 
 


 
  Name 塾長

今週も果菜類の管理と消毒です。白板に書いておきましたので、講義はありません。来週に作るピーマンの支柱が今、ベトナムから日本に向かっています。
2017/5/27 21:32
 Del
 
 


 
  Name 塾長

恵みの雨が降っています。野菜が喜んでいるのがわかります。葉がいきいきと緑が鮮やかに見えます。本日の農作業は中止です。今週も果菜類の管理と防除・そして収穫です。
2017/5/26 6:53
 Del
 
 


 
  Name 塾長

風が強い。手を抜いて作業してある人もいるから果菜類を上手に誘引してあるか心配だ。私もスイカの伸びたつるが振られないように手当てしないと、折れてしまう。
2017/5/23 12:11
 Del
 
 


 
  Name 塾長

本日、生徒さんに指摘されて塾内を見て回ったら、多数のミニトマト(キャロル)に斑点病の発生がみられました。調べたところ新品種のミニトマトにはこの病気に抵抗性のあるものが少ないらしいです。アイコにも移り始めている人もいますので、ここでは、私が病気の薬を散布します。殺菌剤は扱いが面倒なので、ついでにアブラムシの薬も混ぜます。飛散してバジルにかかるかもしれません。農薬の気になる人は今週はバジルの収穫は控えて下さい。尚、教科書の内容では、この病気が深刻な結果を招くと言うような事は書いてありませんので心配しないでください。ただ、芽かき等でトマトを触る場合はキャロルは一番最後に触って下さい。病原菌を他に移さないためにです。
2017/5/19 21:38
 Del
 
 


 
  Name 塾長

どうも、丁寧にご報告ありがとうございます。昨年は収穫して下さる方が少なく、豆が大量になっていてもったいなかったのですが、今年は人気が高くて順調に収穫されているみたいです。野菜は種を作るのにエネルギーをたくさん使うので収穫遅れの豆が熟すと本体が疲れて黄色くなって収穫終了となります。
2017/5/18 21:14
 Del