テクニカル分析ひっぱりだこ
◆お知らせ

テクニカル分析ひっぱりだこ


テクニカル分析とは、主に株式・商品取引・為替等の取引市場で、
将来の取引価格の変化を過去に発生した価格や出来高等の取引実績の時系列パターンから予想・分析しようとする手法である。
将来の取引価格の予想を需給、収益性評価およびそれらの背景となる経済情勢分析に基づいて行う手法であるファンダメンタル分析と相対する概念である。


テクニカル分析には具体的な技法としていくつかの種類が存在するが、その考え方を大別すると次の2つに分けられる。
取引価格の上昇トレンドと下落トレンドの転換を見出す方法。
取引価格に対する値頃感、変動値幅を算出する方法。
これらを実行する方法として、
チャート分析による図解的手法
判定方法の意味づけ、人間による視覚的判断で利用
コンピュータで数値的に計算する手法
分析の自動実行、分析チャートの作図で利用
があり、相互に関連している。 通常、分析結果の表示は分かりやすくするためにチャート(グラフ・罫線表)を用いるのが一般的である。
テクニカル分析を行う市場参加者は大きく分けて、チャート分析を主として人間の判断により売買を決定するチャーティスト、
コンピュータを駆使して、判定条件に合うものを自動的に売買するテクニシャンがある。
テクニカル分析が信奉される前提として、将来の取引価格が過去の価格や出来高等の取引実績により決定あるいは影響されるというマルコフ過程的な動きをすることが確からしい命題であることが要請される。
多くの投資家がこの分析理論を有益であると考え売買に用いているが、多くの経済学者、金融工学者はこれを根拠が無く、科学的理論とはいえないと批判している。
ランダム・ウォーク理論および効率的市場仮説を参照のこと。またテクニカル分析は数多くあり、いずれも曖昧で用いられ方が作為的であるという批判もある。
例えば移動平均線を用いた分析では、平均日数を何日に設定するかで予測は大きく変わる。
過去の株価の変動にうまく適合するように平均日数を意図的に変えれば、「予測はすべて当たった」と主張できることになる。
市場予測の根拠を過去の株価の変動にではなく、現実の要因(株価収益率など)に求める


テクニカル分析といえば、まず、チャートという単語が思い浮かぶが、そもそも、 チャートとは何だろうか。
英和辞典で引くと「@図、図表、グラフ、A海図、水路図」とある。広辞苑には「海図、地図、天気図」。
ちなみに、広辞苑で罫線を引くと、「@文字の行間の境の線、けい、A罫線表の略」とあって、罫線表は「過去の相場の動きをグラフに示したもの。
引き方に星形法・カギ形法・棒形法などがあり、期間によって日足・週足・月足、値幅によって1円足・5円足・10円足などがある。足取表」とある。
罫線というと、易の卦と似ているので、何か占いを彷彿させるが、関係はない。
うーんアウトライト取引
値がさ株でやっちゃう
損益計算書について
信用状(しんようじょう)
好転してる直物相場
正常営業循環基準だよ
年金どうなるかな
インデックスファンドしてみたい
みちなる違法配当
6/17 19:28
▼Z-Z BOARD
Z-Z BOARDをレンタルして頂き有難う御座います。
使い易く高品質な掲示板を提供させて頂きますので末永いご愛用をお願いします。
ご意見やご要望などございましたらお気軽にご連絡ください。
この掲示板は今すぐにご利用頂ける状態です。
管理者様は下記の[管理画面]にて各種設定、投稿の削除が行えます。
12/28 17:49
最新投稿

Presented by Z-Z BOARD