測量室&図書室

過去ログ108 2013/12/21 12:49

:サンジ
(目についた背表紙に手をかけると棚から引き抜き、少し内容を読むとそのまま真ん中のテーブルへと歩みを進めストーブ近くの椅子に腰を下ろし)だいぶ温まって来たな
12/21 12:49

:サンジ
(ストーブに火がついたのを確認すると、まだ冷え込む室内を腕を組んで歩き書物を探し)たまには普通に本でも読みてぇな。ナミさんとロビンちゃんの本をお借りしても構わねぇかな…(様々な背表紙に視線を滑らせ)
12/21 12:19

:サンジ
っうーー、寒ィ寒ィ(吹き付けられる冷たい風を耐える様に背中を丸めたまま暖かい場所を求めて扉をあけ片手には紅茶セットを持って入室し)お、ストーブ!マリモの奴気がきくじゃねぇか(入るなり目に入った暖房機具に目を見張ると嬉しそうに笑い、近くのテーブルに紅茶を置くと早速ストーブに火を焼べ/予定が少し変わってしまいまして、昨晩お邪魔する予定でしたのに汗 今から少し待機させて頂きます礼)↑
12/21 11:47

:ビビ
さてと、そろそろ戻ろうかしら。(一字一句読み落とさないようゆるゆるとしたペースで項を繰っていたがふと時計に目を遣ると帰宅の予定をしていた時間が近い事に気が付き。本に付いている紐を栞代わりに読み掛けのページに挟むと立ち上がって本棚の元の場所に戻し、来た時同様静かに扉を開閉すれば踵を返して来た道を戻っていき/短時間失礼致しました…!)↓
10/11 23:00

:ビビ
(暫くの間背表紙を眺めているだけだったがある一冊の本、そのタイトルに目が留まり。それを手に取ってぱらぱらと項を繰って流し読みしてから一度室内の壁に掛けられた時計を見て、まだ時間が大丈夫な事を確認すれば座れそうな場所を探し其処に腰掛けると改めて最初からその本を読み始め)
10/11 22:36

:ビビ
えっと…お邪魔します、ね(先程まで月を眺めていた甲板から船内に入り目的の場所へと向かって、扉の前に辿り着くと握り拳で数回扉を軽く叩き。部屋の主人が居ない事を確かめると静かに扉を押し開け中へ足を踏み入れ、後ろ手に扉を閉めると本棚までゆっくりと歩み寄り其処に並ぶ背表紙を吟味し始め/暫し待機させて頂きます!)↑
10/11 22:12

:サンジ
やべぇ!ずいぶん長居しちまった!!調べもんはまた今度にしよう…(頭をガシガシ掻きながら踵を返して部屋を後にし/ああああああああ、大変申し訳ございません!!待機もまともにできませんでした滝汗 大変失礼致しました!お邪魔致しました!土下座!)↓
10/6 9:22

109107

掲示板に戻る

Presented by Z-Z BOARD