測量室&図書室

過去ログ110 2016/1/6 14:53

:ニコ・ロビン
ええ、是非。あなたが育てた蜜柑ならそう簡単に味が落ちる事もないと思うわ。(快く頷く仕草と同時に受け取るべき隻腕を述べれば先刻惹き込まれた其の本を横目に一瞥、逆手に持つコーヒーを一口と啜り)これはミステリー小説ね。少し過激で、猟奇的な内容だけれど面白いストーリーよ。推理ものは読んでて退屈しないわ。(本を持ち上げる代わりにコーヒーを置き片手で頁を適当に捲り弄ぶ仕草を/レスはゆっくりで構いませんのでお気になさらず。そして只今!と挨拶させて貰える嬉しさに感動しております、改めて宜しくお願いしますv)
1/6 14:53

:ナミ
ええ、長い事見てあげられなかったからそれほど量は出来なかったけど…。食べる?味は多分、大丈夫よ。(扉を閉めすぐ傍のベンチへ籠を降ろすとその中から一つ手に取って眺め、手入れを怠っていたとはいえ長年育てて来た経験から味には何ら問題ないと微笑しながら問い掛けて)成る程、ロビンらしいわね。因みに何の本?考古学の本とか?(入室と同時に目に映り込んだ姿こそ意外だったが作品へと入り込んでしまう性格には納得した様に頷き、相手が拾い上げ机に置かれた本の表紙覗き込む様に首を傾げ/遅レスですがお時間許すまでお付き合い頂けると嬉しいです!…そして何だかタイミングが遅くなりましたが、おかえりなさいませv/Σ今/これからよろしくお願い致しますv)
1/6 14:44

:ニコ・ロビン
…あら。ナミ、こんにちは。みかん畑の手入れをしていたの?(直ぐ様目に入る籠の存在に僅か瞬き尋ねるも同様と不思議そうに此方を窺う相手の姿に合点が行き、取り繕う意も込めて双眸にゆったり弧を描いて机に重ねた数冊の本の表紙に掌を重ねて)あなたにも見られてたのね。本が落ちてしまって、拾おうと思ったのだけど内容に惹き込まれてしまって…面白い本だと我を忘れて駄目ね。(/28様、こんにちは!早速お会い出来てとても嬉しいです。そんなそんな、可愛いナミちゃんとお話出来て昼間から嬉しい限りです。まだ時間はありますので是非宜しくお願い致します…!笑)
1/6 14:28

:ニコ・ロビン
――驚いたわ。ノックの音も聞こえないなんて、私ったら駄目ね。(仲間のみが横行する船内にて無意識に手放した警戒心、笑う気配に初めて相手の存在を認め肩越しと蹲る侭振り返れば僅かな面映さに腰を上げ、嬉しい知らせを寄越す相手に自然表情綻ばせて)まあ、わざわざありがとう。後で紅茶と一緒に頂こうかしら。(抱えた本を近くの机に置くと今し方棚に戻された本の背表紙に視線移し、閃きから愉快気に声掛けつ去り行く背を見送り)ええ、またね。あなたも本を読むみたいだし、今度楽しい本をお勧めするわ。(食い付いた笑/こんにちは、態々出先からの顔出しとても嬉しかったです、また是非ゆっくり相手をして頂けたら光栄です。有難うございました!)>ゾロ
1/6 14:20

:ナミ
(Σああっ!またお話出来ず無念…!片想いですねくそう!/笑/また時間があいましたら航海士ともお付き合い下さいませv)>ゾロ
1/6 14:14

:ナミ
う〜、寒い寒いっ……!ロビン?どうしたの?(甲板にて収穫出来る程に実ったほんの少量の蜜柑を小さな籠へ納め、簡単に手入れを終えたその足で寒さから逃げる様に籠を片手に慌しく測量室へ続く扉を開ければすっかり無人だろうと思っていた其処に、しかも何故か床で開かれた本を読む相手に気付くと浮かんだ笑顔は瞬く間に不思議そうな表情へと変わり/笑/沖様こんにちは!可愛いロビンちゃんに会いにきましたーっ!まだお時間間に合いますか…?) ↑
1/6 14:11

:ゾロ
…っ、珍しい格好で読んでんな。まァ、別に構わねェんだがよ(静かな部屋に訪れたのは小さなノックの後に扉の開閉、そして男の笑う気配)よう、昨夜振りか(その手にある本の表紙には釣竿と魚の絵が描かれて。声を投げ掛けながら歩き出せば元の位置に戻さんと棚へと近付き)あー…、そういやもう少しで菓子が焼き上がるからキッチンに来いとか云ってたぜ。何つーか…こっちから行かなくても持ってきそうな気ィするが(本を仕舞いながら少し前に聞いた言伝てを述べ)んじゃ、邪魔したな(戻りながらに口端を吊り上げると片手をひらりと挙げ、部屋を後に/こんにちは、出先ゆえ一言落ちです…!またお会いした時は宜しくお願い致します/礼)↑↓
1/6 14:05

111109

掲示板に戻る

Presented by Z-Z BOARD