測量室&図書室

過去ログ67 2010/11/7 1:07

:ゾロ
どうやら転寝してらしい…、こいつの閉まる音で起された。(云いながらに開いた扉を見、中へと入り込めば後ろ手に閉め。向けられる其の笑みに軽く口端を吊上げては歩き出し)何か本捜してんのか…(相手の傍まで行けば足を止め、そして本棚へと視線を移して/お久し振り過ぎて思わず突入致しました…!/Σ迷惑な/今宵も宜しくお願い致しますv)
11/7 1:07

:カク
(壁一面に並ぶ本の背表紙を見上げ目当ての部類を見つけるべく視線を巡らせていると室内に己のもの以外の声が通り、瞬きながら其方を見やるとその対象に苦い笑いを向け)いや…すまん、邪魔したか。(こんばんはー!お久しぶりです/笑)
11/7 1:01

:ゾロ
何を賑やかにやってんのかと思えば…(音も無く扉を開き、中を覗けば明るい部屋。眩しげに軽く視線巡らせれば眸に映る相手の姿/今晩は!)↑
11/7 0:51

:カク
…誰も起こして無いと良いんじゃが、(夜更けに立てた物音に船員の誰も気が付いていない事を願って一人呟くと、壁づたいに手を這わせて電気のスイッチを探し当てればカチリと軽快な音を慣らして明かりを灯し)
11/7 0:42

:カク
(冷えた風が吹き抜ける中足早に梯子をつたって登りきると手早く測量室の扉を引き開けると、暗い室内へ足を踏み入れるなりすぐさま後ろ手に扉を閉めた事でバタンと大きめの音を立ててしまった事に肩を竦めて/暫く待機させて頂きます^^)↑
11/7 0:25

:ナミ@ゾンビ
ご馳走様。…あ、そうだ日誌。(早々完食し終え胸元に忍ばせておいたハンカチで軽く口元を拭う最中ふと後方に在る測量机の上の日誌の存在を思い出し、書き掛けで放置されたその前に立つと真横に置いてあった藍色の万年筆を手にさらさらと今日の出来事を明確に書き記して。表紙閉じたそれを万年筆と共に引き出しに仕舞い一つ仕事片付くと再びテーブルへと向き直り)…お菓子だと分かっていても、手を付けずには居られないみたい。いただきっ!(見詰めた先、キャンドルの灯りできらきらと輝く宝石型のキャンディを幾つか手の中に納めると、舌の色が変わる物だとも知らずに悪戯に笑んで部屋を後に/短時間激謝;)↓
10/31 23:21

:ナミ@ゾンビ
(最後に星形のココアクッキーを天辺に差し、一応完成を迎えたそれを角度変え眺めつつ愉し気に口元を緩め)できた!なかなか良いんじゃない?肝心の味はー…(早速装飾したそのケーキに齧り付くも好き勝手乗せていった結果予想以上の甘味が口内に広がると思わず咀嚼を中断して手中の物へ視線引き渡し。然しそれが好ましくない味という訳でも無ければすんなり再開して飲み下し、抵抗無く二口目を迎え入れ)…まァ…食べ過ぎなければ無問題ってとこかしら。何にしても、せっかくのハロウィンにダイエット云々を持ち出すのは野暮だもんね。…今日だけは特別よ!(密かに葛藤/笑)
10/31 22:53

6866

掲示板に戻る

Presented by Z-Z BOARD