測量室&図書室

過去ログ85 2012/3/23 2:43

:ネフェルタリ・ビビ
―うん。…サンジさんは優しいままね。(自分とは反対に少し暑そうな相手を見て考えは確信に変わるがせっかくの優しさと気遣いにそれ以上の詮索は止めて思った気持ちをそのまま告げては窓際に寄る姿を何の気なしに目で追い、カップを緩慢な動作で置き視線を上げ相手を見れば視界の端に入る月に目を奪われて小さく感嘆の声を上げ)わあ、綺麗な月。来る時は気付かなかった。
3/23 2:43

:サンジ
どういたしまして(相手の口から謝罪の言葉が出るも言い直したことに満足そうな笑みを浮かべて見遣り、ネクタイを緩めるだけでは足りなかったのか一番上のボタンを一つ外して)例え走ってきたとしても気にすることはないよ?おれが勝手にやってるんだからさ(柔らかな笑みを浮かべると相手から少し離れた場所に行き、懐から煙草の箱を取り出すとそれを一本取り口に咥えて)
3/23 2:33

:ネフェルタリ・ビビ
あ、ごめんなさいっ…と、じゃなくて…暖かい。ホントありがとう。(謝罪はいらないと言われ口をついて出たのはまたも謝罪だがすぐに自らの口を軽く指先で塞ぐと言い直しもう一度お礼を述べ、ネクタイを緩める相手の動き見上げ「歩いて来た」という言葉は嘘なんだと解るがそれが優しさから来るのだと理解してはふっと柔らかく笑って)そっか、なら良いの。毛布の為に走らせちゃったら悪いなって思ったから。(様になる相手の動作見上げつつ告げれば冷め始めた紅茶のカップを持ち口に運び)
3/23 2:23

:サンジ
レディに風邪引かせるわけにはいかねェからな。礼は受け取っても謝罪は受け取らねェよ?(受け取ってもらえたことに口端を上げて笑みを見せるも謝罪はいらないとやんわり告げ、駈けてきたことに若干己の体温が上がってきたと思うとネクタイを緩めて)ん?いや、歩いてきたぜ?(椅子に腰を下ろす相手を見て問われたことには緩く首を左右に振り)
3/23 2:13

:ネフェルタリ・ビビ
…あ、私が寒いって言ったから…ごめんなさい、わざわざ。ありがとう。(静かな図書室に微かに聞こえる足音は歩くより少し早い物でその後すぐに現れた相手が手に持つ毛布を見ては目を丸くするも己の発言思い出して申し訳なさから眉を下げ、近寄り受け取ると手に伝わる温もりに嬉しくなり満面の笑みを浮かべてお礼を述べ)サンジさん、走って来たの?(再び椅子に腰を下ろすと毛布を肩から羽織り軽く前を抑えて)
3/23 2:01

:サンジ
(図書室から出ると他の船室に行き毛布を一枚拝借するとそれを抱えて相手が待つ図書室へと戻る為に駆け足で向かい、戻ってくると本を見ていた相手に近付き持ってきた毛布を差し出して)はい、これ。膝に掛けるなり羽織るなり、好きに使っていいから。
3/23 1:51

:ネフェルタリ・ビビ
賑やかなのも羨ましいな。―え?え、ええ…(かつての仲間達のきっと変わらないであろう賑やかさ思い出してはクスクスと笑うも不意にカップを置きその場を去る相手の背中に戸惑いつつも見送ると少し首を傾げ、再び一人になった室内で椅子から立ち上がり読んでいた本を元の場所に返してはその近くの本の背を指でなぞり)
3/23 1:43

8684

掲示板に戻る

Presented by Z-Z BOARD