測量室&図書室

過去ログ98 2013/5/26 0:21

:ゾロ
…へぇ、本読むんだな(灯りの漏れる部屋の扉に気付き、音もなく開き中を見るとそこにいた人物に意外そうに目を見開き/いきなり謝…!/こんばんはv)↑
5/26 0:21

:シャンクス
(目の前の数冊から適当に一冊の本を引き抜くと其を片手に椅子に腰掛け、徐に頁を開けば活字に視線を落として柄にもなく読書を始め)
5/26 0:17

:シャンクス
しっかし…すごいなァ…(室内中程まで足を進めると一度ぐるりと見渡し、様々な種類の本を見ればぽつりと呟きを漏らして目の前の棚まで歩み寄ると背表紙を指でなぞり)
5/25 23:50

:シャンクス
ん?ありゃ…すれ違っちまったか…(丁度擦れ違うように部屋を出て行ってしまった背中に残念そうに肩竦めるも直ぐに切り替えるように前を向き、室内に足を踏み入れれば後ろ手に扉を閉めて/短時間になるかもしれませんが待機します^^)
5/25 23:32

:シャンクス
(ふと足を踏み入れた船、人の気配を感じれば表情緩め其方に向かい、ノックする事なく扉を開いて中へと顔を覗かせれば椅子に腰掛ける姿に片手を上げ)よう、ちっと邪魔するぞ(/初めまして、今晩は!少々お邪魔します^^)↑
5/25 22:53

:ドフラミンゴ
(大きさが通常よりもひと回り小さければ厚さも比較すれば少し周りよりも薄い、また昔とは言えど一度読んだ物であるためにさくさくと読み進み終われば時計にて時刻を確かめた後に大きく伸びをして。その緩い動作で肩を回しては先程まで読んでいた本を元の場所へと戻し、最後にもうひとつ欠伸を噛み殺してはその場を後にして夜道にて散歩を。/少し予定していたよりも早いですが、眠気が襲ってきたのでこれにて失礼しますねっ↓)
5/25 22:50

:ドフラミンゴ
(今は自身の頁を捲る音さえ聞こえるほどにあまりにも静かで眠気すら近づいてきており、くあ…と欠伸をひとつ噛み殺しては再び羅列した文字を視線でなぞり始めて。読み進む中で気付いたことだが、そういえば昔読んだなあ、なんてふと思うとそれが糸となり色々な過去の記憶が手繰り寄せられるように次々と思い出されてしまい、同じ列を再度読むなんてちょっとした失態をしては空いている手で頭をがしがしと掻き)…―にしても、フフッ…懐かしいもん思い出しちまったぜ。(/ふわ、表記し忘れてましたっ気付くの遅れてしまい申し訳ありませんっ/↑)
5/25 22:08

9997

掲示板に戻る

Presented by Z-Z BOARD