測量室&図書室

過去ログ99 2013/5/26 1:16

:シャンクス
…本が好きだとそういうもんなんじゃねえか?おれも酒なら船一杯あってもいいからな(自分の船にも僅かながら存在する読書好きを思い出せば似たようなものかと一人納得し、自らも好物を引き合いに出してニヤリと口端を上げ。相手が本を取れば其方に視線はやりつつ言葉紡ぎ)分からねェもんは分からねェ。そういうのはその道のプロに任しときゃいいんだ。(/了解しました!それでは私も引っ込みますね^^)
5/26 1:16

:ゾロ
まァ、確かに。これだけあっても当人達はまだ欲しがってるわけだが…(腰に手をやり、口を軽くへの字に曲げると本が並べられた本棚を見上げて)…はっきり云うじゃねェか。とか云ってるおれも航海術の類は分からねェんだけどよ(笑いながら己は春島の風景だろうか、桜の写真を表紙に飾る本を手に取り/もう分かったかもしれませんが、うちの剣士は口悪いんで容赦なくツッコんでやってくださいね笑/では、後はキャラに任せて背後は黙りますv)
5/26 1:08

:シャンクス
うちか?…あー…そうだな、おれはあんまり行かねェからこれくらいでも十分だと思うんだが(相手の言葉に己の船の図書室を思い返せば特別用がない限り足を踏み入れる事のない其処を思い出してかへらりと笑い、からかうような言葉にも続いて笑み零しながら堂々と返し)いや、さっぱり分からん。(/全然大丈夫ですよ!それならば此方こそです笑)
5/26 1:02

:ゾロ
まァ、アンタのところにゃ負けるだろうが適当に本は揃ってんだろ。うちの航海士と考古学者も本が大好きみてェだからな…(読み終えるのが早く、新しい島に着く都度に本を買い揃える様を思い出せば無意識に含み笑いを)航海術…(見せられた本の表紙に、仲間の航海士の物かと思いつつ)そんなん見て分かんのかァ?(相手の近くまで行着けば、半ばからかうように声を投げ/笑謝/こちらこそvこれから宜しくお願い致しますねvそして初っ端から似非で申し訳なく/汗)
5/26 0:52

:シャンクス
…否定はしねェが、まァ…折角だからな(紡がれる言葉に普段の己を思い返せば全くもってその通りで思わず笑い零すと一度室内の本達へ視線をやってから歩み寄る相手に其を向けつつ本を閉じ表紙を見せるように持ち上げて)…『航海術の歴史』?(/是非是非是非!宜しくお願いしますね^^)
5/26 0:48

:ゾロ
何か本を読むってより、積んで枕にってイメージしかなくてよ…(後ろ手に扉を閉めると再び相手を見遣り、自分の事は棚上げに告げると相手との距離を縮めんとゆっくりと歩き出して)…因みに何見てんだ?(相手の手元にある本へと不思議そうに視線を/いらっしゃるのをお見掛けしたので、こんな時間ですがちょっとだけお邪魔しますねv)
5/26 0:35

:シャンクス
…ん?ああ、おれだってたまには読書くらいするさ(不意に耳に飛び込む音に顔を上げると笑み携えて軽い調子で答え/おおお今晩は!初めまして^^)
5/26 0:30

10098

掲示板に戻る

Presented by Z-Z BOARD