母と子・愛の交わり

一歩先行く掲示板

[ここに投稿][]
1:美保
42歳 三重
大学2年の息子とセックス
大学2年の息子とセックスしています。
最初は去年のゴールデンウィークでした。東京で一人暮らしを始めた息子が心配で、高2の娘を一人置いて、上京しました。
アパートで掃除をしてあげたりして、夕食を一緒に作って食べました。
入浴を済ませて、あとは寝るだけになりましたが、布団は一組しかありません。一緒に寝るしかありませんが、何となく話をしていました。すると息子が、
「お母さんと○○(妹)は、毎日楽しいでしょ?」
と言うのです。
「そんなことないわ。お母さん、あなたがいなくて寂しくてしょうがないのよ」
「だって、お母さんは○○の方が可愛いんでしょ?」
そう言われて、息子の小さい時からのことを思い出しました。兄と妹でありながら、何をしても妹の方ができるのです。勉強も運動も、それから何でも・・・。確かに私から見ても娘の方が賢いし、大人っぽく見えます。それだけでなく、けんかをすると昔はいつも息子が泣かされていたし、今でもそういう雰囲気です。とにかく息子は、娘に対してコンプレックスを抱いていますし、そういう息子が私は可愛くて仕方がありません。
そういう気持ちを正直に言うと、息子は嬉しくて涙を流しました。
「わかったでしょ?お母さんはあなたを一番愛しているの。だから、今日会いに来たんでしょ?」
そう言って息子を抱きしめました。そうして布団の上に横になると、キスしたり愛撫し合ったりしました。
そのうち、息子の前の部分が硬くなっているのがわかりました。そして、硬くなったところを私に押し付け始めました。そして、
「お母さん、我慢できない」
と言ったと思うと、そのまま射精してしまいました。
しばらく二人とも身動きできませんでしたが、先に私が起き上がり、
「大変、下着が濡れちゃったわよ。お脱ぎなさい」
と言って、まずパジャマのズボンを脱がせ、ボクサーブリーフの前をめくりました。精液でビショビショになった中で、思ったよりも可愛らしいおちんちんがすっかり縮こまった状態になっていました。はじめティッシュで拭いていたのですが、
「シャワーを浴びていらっしゃい」
と言ってお風呂場にやりました。
息子がシャワーから戻って来ると、今度はお互いためらうこともなく、一緒に布団に入りました。そして、改めて抱き合ったのです。
今度はお互いのパジャマと下着を脱がせ、素っ裸になって愛し合いました。
「ちょっと待って。お母さん、こうなることを期待してたの。だから、いいものを持ってきたのよ」
そう言って私は、息子がシャワーを浴びている間に枕の下に用意していたコンドームを出しました。
「お母さんが付けてあげる」
そう言って息子を寝かせました。おちんちんは半立ち状態でした。先ほどの射精の疲れが残っているようです。
「お母さんが元気にしてあげる」
私は可愛いおちんちんを3本の指でつまむと、皮を剥いたり被せたりし始めました。しばらくすると、すっかり硬くなりました。長さは、私が握るとすっぽり手に収まるくらいしかありませんが、太さはそれなりにありました。ただ皮を剥いてみると、亀頭はかなり小さくて、まるで頭の小さなこけしさんみたいでした。私はコンドームを被せました。
そしてそのまま息子を寝かせたまま、私が馬乗りになり、おちんちんを私の中に挿入していきました。
息子の気持ちよさそうな顔が見えて、私は幸せでした。おちんちんがすっかり収まったとたん、息子は大きなあえぎ声を上げ、射精してしまいました。
これが私と息子の初体験です。それからは、毎月1回は息子のアパートに行って愛し合います。
夏休みや冬休みに帰省した時は、娘の留守を見計らってセックスします。また、娘が入浴している間に息子の部屋でフェラチオをしてあげます。
息子はだいぶ上手になりました。早いのが欠点ですが、包茎だから仕方がないのでしょう。息子は包茎と、それから小さいことを気にしていますが、お母さんは大好きよ、と言っています。
娘は来年大学で出て行くでしょう。いずれ息子が就職で戻って来たら、二人で暮らしましょうと約束しています。
2010 [削除]

■簡易投稿
▼お名前

▼E-mail

▼コメント(必須)


iPAD

[返信][最新][]
[一覧に戻る]
[HOME]

http://z-z.jp/
Presented by
Z-Z BOARD