月いろの手紙 置き詩版
OTHERS
OTHERS
歌詞専用としての、解放部屋ですが、500文字を越える作品もこちらへどうぞ。
1500文字まで対応出来ます。
●玖妙夢堂
襟首〜nape〜
 
 襟首に漂ふ
 好みの色香
 其れがもう
 堪らなくて

 背中を傳ひ
 蜜の在處を
 求める舌先

 熱さと甘さ
 溺れ繋がり

 今年も冬へ


 襟首に泛ぶ
 果てた痕跡
 其れがなほ
 愛ほしくて

 背中を傳ひ
 深い寢息を
 聽くも風情

 併せて暫し
 夢も繋がり

 今年も冬へ
 
(Android/s)
2018/11/10 21:37
●玖妙夢堂
秋香〜scent〜
 
仄かに木犀の香る
徑に想ひは膨らむ
待ち侘びた逢瀬が
些細な仕種にさへ
戀をさせてくれる
きっと更に多くの
今を紡いでゆける
そんな秋のひと時

確かに素肌に香る
熱い想ひに溺れる
待ち侘びた逢瀬が
熟知の反應にさへ
戀をさせてくれる
もつと深く烈しく
今を繋いでゆける
そんな秋のひと時
 
(506SH/s)
2018/10/12 22:42
●玖妙夢堂
超悦〜platonic〜
 
觸れられぬから尚更に
膨らむ想ひを言葉にし
其の首筋に觸るゝほど
近くて遠い接吻にする

甘味に微笑んでゐる君
見詰めるもまた趣向か
伯拉多の答へは如何に


屆きさうだから尚更に
膨らむ切なさ夢見ては
其の胸先に屆かんほど
近くて遠い愛撫にする

壽司に舌鼓してゐる君
見詰めるもまた酒肴か
伯拉多の答へは如何に
 
(506SH/s)
2018/9/7 23:47
●玖妙夢堂
秋暑〜buried〜
 
暦上では秋といふ
まだ汗ばむ午後に
改まって鰻を戴く

平成最後のなどと
枕詞が付くだけで
何處か寂しくまた
名殘惜しい時間に
感じられる不思議
少しお疲れの表情


只管にと溢れさす
その艶づく部分に
埋まって愛を囁く

最近不調だなどと
言葉を吐くたびに
何處か寂しくまた
名殘惜しい時間に
感じられる不思議
暮れる街には涼風
 
(506SH/s)
2018/8/17 23:53
●玖妙夢堂
海邊〜circulation〜
 
 海から生れ
 海へと還る
 太陽の樣に

 波から生れ
 波へと還る
 生命の樣に

 輝くものも
 霞むものも
 時を刻んで
 音だけ殘す


 濱から生れ
 濱へと還る
 記憶の樣に

 夏から生れ
 夏へと還る
 靜寂の樣に

 搜しものも
 忘れものも
 熱に妬けて
 痕だけ殘す
 
(506SH/s)
2018/7/26 4:08
最新投稿古い投稿

投稿:1662回
Presented by Z-Z BOARD