月いろの手紙 置き詩版
OTHERS
OTHERS
歌詞専用としての、解放部屋ですが、500文字を越える作品もこちらへどうぞ。
1500文字まで対応出来ます。
●ぽち
来年も続きます、始まりの年
 
事態は深刻です
そう言えばいくらかの気は引けるでしょう
でもね、実際は差し迫ってなんかいなくって
始まりの年
そうそのまんま、始まりです


森羅万象、あの人にも
そうボクにだって永遠はない
何かを始めれば終えなきゃならない
永遠じゃ決してない

何かを始めるには二○一六、一七
都合がいいんです
特に来年、干支がそうであるように
鳥です、羽があるんです
飛べるかは自分次第

日々を、その暮らしを頑張ろうとする人がいる限り
ボクも頑張りたい

お金、余命などの有無
なんてとるに足りないこと
もしもその心を誰かに引き継げれば
その心は生き続けるんです
誰かが言った言葉を添えます

始まりの年

何だっていいんです
始めることに意味がある
(109SH/s)
2016/12/26 0:10
●玖妙夢堂
行秋〜bustle〜
 
逢瀬の程に染まりゆく秋を

休日の街と食で充たす午後

君が笑って居てくれるから

想ひは豐かに膨らみ續ける


雜踏に紛れて肩に近づける

奧に觸れられない悔しさか


壯大な詩に祕められた謎を

銀幕の妙が解き明かす午後

君が傍らで觀てくれるから

愉しみ豐かに廣がり續ける


外套に匿れて薄ら咳をする

抱き締められない寂しさか
 
(506SH/s)
2016/11/7 18:59
●玖妙夢堂
欲念〜acceleration〜
 
そんな表情を見せるから
唇へと運ぶグラスの中に
ひと塊の妄想を忍ばせて
絡まる舌と喉にくゞもる
音と粘性を愉しみながら
内側から攪拌したくなる

愛ほしさは齒止め知らず

そんな腦裏を煽るやうに
色づく君のネイプに觸れ
ひと塊の懸想を囁きつゝ
時めく夜を戲れにくしと
刻む指先を躱すみごなし
現實から略奪したくなる

愛ほしさは齒止め知らず
 
(SBM303SH/bbtec)
2016/8/6 2:50
●玖妙夢堂
矢張〜after all〜
 
どれだけ想ひ描くより
たとへ僅かな時間でも
聲を聽く方が救はれる
空回り浮き沈みし乍ら
濁り始めてゐた今日が
其處に居る君を感じて
鮮やか色に染まるから

この不思議はやはり戀

どれだけ聲を聽くより
たとへ僅かな逢瀬でも
向き合ふ方が癒される
唇を寄せてみた指先を
困惑に引く君の頬には
仄かな色が廣がるから

この夕間暮はやはり戀
 
(SBM303SH/bbtec)
2016/7/30 2:00
●玖妙夢堂
囃子〜high summer〜
 
太鼓と鐘と下駄の音
君が夏を連れて來る
人混みに逸れない樣
きつく絡めた指から
宿した想ひを傳へる

もっと焦らしながら
夕暮れに殘る暑氣に
不變を映してゆこう

祭囃子が勢ひを増す


火薬と汗と露店の香
君の唇に觸れて知る
高鳴りに負けない樣
きつく回した腕から
宿した想ひが傳はる

もっと焦がしながら
星散らす空の醉郷に
不變を託してゆこう

祭囃子が遠くに響く
 
(SBM303SH/bbtec)
2016/7/23 23:22
最新投稿古い投稿

投稿:1645回
Presented by Z-Z BOARD