◆猿飛佐助
俺様みたいな闇に生きる草が、きらきら眩しいあんたみたいなお日様に恋に落ちるべきじゃなかったのかな。
…でも、それでも俺様はあんたを想うよ。
多分に最期のその時まで。愛してる。愛してた。さようなら。
どうか、どうか幸せで。
 
◆毛利元就
己が心に燻る熱を如何すれば良いのかもうわからぬ。目に入らば辛く…耐える事が出来ぬのだ。口では何とでも言えよう。その裏に秘めたる想いは墓の中にまで持って行く。貴様の優しさに堕ちた我はもう直ぐ消える事とする。
 
◆竹中半兵衛
……政宗君。済まない…
今だけ、此処でだけ、弱音を吐かせてくれないか。
……君が居なくて、辛い…。胸が痛くて、息が出来なくて、患う病がちっぽけに感じるほど、苦しい。
…寂しい…
政宗君、会いたいよ……政宗君、政宗君…

……済まない、平気だ、ちゃんと大人しく待っている。云っただろう、君を待つ時間ならば惜しくはないと。
きちんと待っている。…だから君を想い過ぎる僕を許してくれ…。
 
◆石田三成
ひとひら落ちる花弁を拾い上げ、てのひらに並べ数えては、過ぎ去る時の流れに馳せる。絶たれるは容易、…繋ぎ難く。思わば心に陰を落とし。日毎日毎、ひとときは、ひとときも待たず地を染めて。掬い上げても追いつかず、うつくしき花の色に地を染めて。やがて影すら埋めるだろうか。
 

Presented by Z-Z BOARD