╋恋文╋



過去ログ46 2010/4/5 18:50

■エアリス
出会いは、暖かな春。

暑い暑い夏を越えて、紅葉の秋を過ごして、冷たい雪の降る季節も通り越して…
…一年。
早かった様な、長かった様な。
ね、貴方にとってはどっちかな?

春みたいに暖かい、貴方を想う気持ちも
冷たい雪でかじかんだ、冬みたいな不安な気持ちも
全部…貴方がいてくれてこそ、なんだね。

そう考えたら悲しかった事も、寂しかった事も…不思議と愛しいと思える。
…ふふ、やっぱり 不思議。

また一年、貴方と過ごす季節は一体どんな感じなのかな?
……あ、嫌なんて言わせないからね。

私は、貴方と。
貴方は、私と。

…ずっと一緒。
そう約束したでしょ?…セフィロス。
4/5(月)18:50

■ザックス
代理は使わない。気付いて欲しい訳じゃ無いんだけど、何となくな。

オレの募集からお前との付き合いが始まった訳だけど、実はああやって募集するのも継続の関係もアレが始めてだったんだ。
こー言う事言ったら幻滅されるかもしんないんだけどさ。
だから最初に話す時、実はかなり緊張してた。だけどお前と沢山話してる内にすげー楽しくなっちまって。
今じゃこの世界そのものがすごく楽しくて、オレにこの楽しさを教えてくれたお前にはホントに感謝してる、ありがとな。

そう言や、いつもは素直で可愛いのに、夕べは珍しく「ツン」だったな。何だか新鮮で楽しかったよ。
いつも寝落ちしてゴメン。
今日会えるかどうか分からないけど、取り敢えずオ○ナミンC買っとく。

…なんか自分でも何言ってるかわかんねぇな(苦笑
女々しく思われそうで心配だし。

でも、この前渡した指輪の意味は本当だ。絶対に嘘なんかじゃない。
もう少しだけでもいい、オレのそばにいてくれ。


我慢の出来ない狼から、エロ可愛いチョコボへ。
4/4(日)15:08

■セフィロス
恋文か…らしくないな。

だがお前に面と向かって、俺の素直な心中を伝えるなど、あまりできないのでな…。

毎日交わすことの出来る、何気ない挨拶、戯れの言葉。
時に本気で怒鳴り合い、俺の心を乱すことが出来るのは、お前だけだ……。

愛を囁くよりも、互いに皮肉を吐く方が多いのに、時々見せられるお前の戸惑いや、深い心にどうしようもない愛しさを感じることがある。

もう、随分と依存している、俺がいる……。

お前に俺の心を伝える事ができる言葉は、余りに種類が少なすぎる。
そして、口にするのは簡単だが、嘘を吐くのも簡単な事だ。言葉では何とでも言える…。

俺の気持ちを伝えられる手段は、他にどんなものがあるのだろうか…。
考える度に、更に分からなくなる。俺としたことが、お前に悩まされるとはな…。


朝の口付けは、唇にくれない俺のクラウドへ。
いつも意地を張ってばかりで、素直に身を預けてやれなくてすまない…。だが、お前と寄り添うだけで、とても幸せだ。
4/2(金)14:47

■クラウド・ストライフ
もう4ヶ月目…なのか。
オレ飽き性だから、長く続かない質だったんだけどな。
構ってくれてるアイツに愛と感謝。
時間帯も把握しちゃって、手が空いてる時だとそわそわし始める。
すぐに返せない時もあるんだけどさ、…慰みものは大変なんだ。なんてな。

このままだと不味いな、オレ。

まぁその位好きだって事で。
泣かされてばかりだけどね。
変なの。…変だろ?


……こっそりオレの願望、アンタを跪かせるぞ…!!
いやいや、勘違いしないでよ。オレは穴専門だから大丈夫。心得てる。うん。

毎日ありがとう、楽しいよ。
大好きな恋人へ。
4/1(木)8:50

■ティーダ
正面きって告白すんのも恥ずかしいけどさ、今回は伝えたくてきた。
オレにとってあんたが決めたあんたの価値なんてどうでもいい。
オレが惚れたのは他でもないあんたなんだ、これって意味わかる?
あんたじゃなきゃ好きになってないって事。
あんたが自分でどう思ってても、そんなあんただからこそ、かけがえのない存在なんだよ。

バカだろ?
自分でもそう思う、笑っていいッスよ、でも今のオレにはあんたしかみえてない、オレもあんたにオレだけしかみてほしくない。
傍に居てほしい。

大好きだよ。
3/30(火)2:48

■クラウド・ストライフ
その言葉があんたからオレに向けてだったら良いのにな…。

気付いてないだろうけど、オレはあんたの事苦しい位好き、なんだけど?それもどっかの日記サイトで日記綴っちゃう位にね。

オレを虐げる姿を目の当たりにして、逆に虐げたらどんな反応するのかちょっと気になった。
…まぁ案の定可愛いけどさ、もっとボロボロ泣いて欲しいけど。

…でも、うん、
オレ、は…虐めて欲しい訳、虐めた彼とは違ってね。


まだちゃんと言ってないよね?

あんたが好き、なんだ。
3/29(月)4:47

4745

掲示板に戻る

Presented by Z-Z BOARD