╋恋文╋


使用法&禁止事項
■ルーファウス
随分…本当に相当な間が空いてしまったな。
君はもうこの世界にはいないのだろう、そういう私もほとんど足を向ける事も無かったのだがな。

今日みたいな穏やかな日は、心地良かった君の傍を思い出してしまってね。
つい…来てしまった。

逢いたいと言う資格はもう私には無いから。
せめて君の幸いを祈るよ。
どうか元気で。
愛しい私のお姫様…
11/25(日)13:37
■レノ
あー、あー、聞こえますか、と。……、テスト完了。
この板を覗いたって事は少しは脈ありって事でいいんですよね?そう、探してるのは他でもない高嶺の花のあんた、社長(ルーファウス)だぞ、と。

◆条件◆
・裏行為含むため20歳以上女性
・宿はg使用、あんた側は自由
・レス関係寛大(事故防止のため、一週間で確認)
・描写数全角80以上
(オレは平均100〜200位)
・打ち切り時は白紙

どうですか?俺が探してる社長なら簡単にクリア出来ますよね?さて…、肝心な内容についてだが。今回は二通りで考えてるぞ、と。全部if設定だから、苦手な奴はここでさようならだ。どの設定にしても俺からあんたへ多かれ少なかれ好意のある始まりだ。ま、強いて言うなら性格に差異はあるがな、と。

(優遇)・時間軸BCor無印〜
BCならあんたが幽閉されてるあたりからスタート。少しずつ時間経過(ifで)させて、最終的には無印に突入させてあんたと過ごしたい。無印ならあんたからスタート地点を支持してほしい。性格としては…、そうだな。俺もスラム上がりなんで血の気が多い。歪んだ愛情をあんたに向けるかもしれません。俗に言う冷酷、鬼畜って奴か。そんな俺の愛情を一身に受けてくれませんか?勿論甘いターンもあるぞ、と。

・時間軸ACC〜
あんたを健気に愛する忠犬。嫌がる事はしないし、とことん甘やかせてくださいよ、と。足蹴にするなり溺愛し返してくれるなり…。あれだ、少しへたれ臭くなるからその辺注意で。

こんなところですね。さて、と。望み薄な柵ではあるが、あんたを待たせてもらおうか。相手してくれるってんなら、

・挨拶
・萌/萎(萎は詳細に頼む。特にBCの俺なら女体化でも、流血でも、嘔吐でも、異種姦でも何でもやっちまうぞ、と)
・初回ロル
・完なりのみor半なり含むか(俺としてはどっちも歓迎するぞ、と)

全て明記の上で鳩をください。質問も24時間受け付けるぞ、と。んじゃ、楽しみにお待ちしてますんで、出来るだけ早く来てくださいね、社長。
10/11(木)21:56
■シャントット
えああいあああああああ
4/18(水)16:43
■セフィロス
まず最初に、私はとある娘の代理だ。
タークスの赤毛宛に言付けを預かってきた。


…なぜ私が代理かだと?
お前が私の姿で現れたこともあったから、だそうだ。


今でもたまにお前のことを思い出すらしい。
…まったく、何年経っていると思っているのだろうか。


恐らく、あの娘の中には一生思い出として残るのだろう。
何しろ、両想いだったと自惚れているらしいからな。
まぁ、私から見ても相性は良い方ではあったと思う。
…お前がどう思っていたかは知らんが…な。


自然消滅というのか?
はっきりとピリオドを打たずにうやむやにしてしまったことを今でも後悔しているようだ。
勝手なことだな。


自分から連絡をして拒絶されたら…
そう思うとなかなか自分からは連絡が出来なかったようだ。
いや、何を話して良いか分からなかったというのが正確か…。
お前が楽しんでくれるにはどんな話が良いのかと、考えれば考えるほど分からなくなっていった。

あの娘は、それほどお前のことを気に入っていたらしい。


だが、自分からあと一歩踏み込む勇気はなかったようだな。


その結果がこの様だ。


…お前はもうこの世界にはいないことだろう。
だが、どこかで元気にやっているのであれば、それだけで十分だ。


どうか幸せに…な。
4/7(土)2:54
■ユウナ
ああああああああああえあえああああああああああえあえあああああああああああえあえああ
あああああああああえあえああああああああああああえあえああああああああああえあえあああああああああああえあえああ
あああああああああえあえああああああああああああえあえああああああああああえあえあああああああああああえあえああ
あああああああああえあえああああああああああああえあえああああああああああえあえあああああああああああえあえああ
あああああああああえあえああああああああああああえあえああああああああああえあえあああああああああああえあえああ
あああああああああえあえああああああああああああえあえああああああああああえあえあああああああああああえあえああ
あああああああああえあえああああああああああああえあえああああああああああえあえあああああああああああえあえああ
あああああああああえあえああああああああああああえあえああああああああああえあえあああああああああああえあえああ
あああああああああえあえああああああああああああえあえああああああああああえあえあああああああああああえあえああ
あああああああああえあえああああああああああああえあえああああああああああえあえあああああああああああえあえああ
あああああああああえあえああああああああああああえあえああああああああああえあえあああああああああああえあえああ
あああああああああえあえああああああああああああえあえああああああああああえあえあああああああああああえあえああ
あああああああああえあえああああああああああああえあえああああああああああえあえあああああああああああえあえああ
あああああああああえあえああああああああああああえあえああああああああああえあえあああああああああああえあえああ
あああああああああえあえああああああああああああえあえああああああああああえあえあああああああああああえあえああ
あああああああああえあえああああああああああああえあえああああああああああえあえあああああああああああえあえああ
あああああああああえあえああああああああああああえあえああああああああああえあえあああああああああああえあえああ
あああああああああえあえああああああああああああえあえああああああああああえあえあああああああああああえあえああ
あああああああああえあえああああああああああああえあえああああああああああえあえあああああああああああえあえああ
あああああああああえあえああああああああああああえあえああああああああああえあえあああああああああああえあえああ
あああああああああえあえああああああああああああえあえああああああああああえあえあああああああああああえあえああ
あああああああああえあえああああああああああああえあえああああああああああえあえあああああああああああえあえああ
あああああああああえあえああああああああああああえあえああああああああああえあえあああああああああああえあえああ
あああああああああえあえあああああああああああああああああえあえああああああああああえあえあああああああああああえあえああ
あああああああああえあえああああああああああああえあえああああああああああえあえあああああああああああえあえああ
あああああああああえあえああああああああああああえあえああああああああああえあえあああああああああああえあえああ
あああああああああえあえああああああああああああえあえああああああああああえあえあああああああああああえあえああ
あああああああああえあえああああああああああああえあえああああああああああえあえあああああああああああえあえああ
あああああああああえあえああああああああああああえあえああああああああああえあえあああああああああああえあえああ
あああああああああえあえああああああああああああえあえああああああああああえあえあああああああああああえあえああ
あああああああああえあえああああああああああああえあえああああああああああえあえあああああああああああえあえああ
あああああああああえあえあああああああえあえああああああああああえあえあああああああああああえあえああ
あああああああああえあえああああああああああああえあえああああああああああえあえあああああああああああえあえああ
あああああああああえあえああああああああああああえあえああああああああああえあえあああああああああああえあえああ
あああああああああえあえあああああ
えあああああああああああえあえああ
あああああああああえあえああああああああああああえあえああああああああああえあえあああああああああああえあえああ
あああああああああえあえああああああああああああえあえああああああああああえあえあああああああああああえあえああ
あああああああああえあえああああああああああああえあえああああああああああえあえあああああああああああえあえああ
あああああああああえあえああああああああああああえあえああああああああああえあえあああああああああああえあえああ
あああああああああえあえああああああああああああえあえああああああああああえあえあああああああああああえあえああ
あああああああああえあえああああああああああああえあえああああああああああえあえあああああああああああえあえああ
あああああああああえあえああああああああああああえあえああああああああああああああああああああえあえああああああああああえあえあああああああああああえあえああ
あああああああああえあえああああああああああああえあえああああああああああえあえあああああああああああえあえああ
あああああああああえあえああああああああああああえあえああああああああああえあえああああ
3/31(土)15:28
■エアリス
2年と半年……また桜の咲く季節を、貴方と迎える事が出来たコト、実は、奇跡かもしれないね。

最初の擦れ違いの時、深い水底へと突き落とされた気分だったのよ。
暗い水の中を揺蕩いながら、水面へ向かうか、このまま沈んでしまおうか……悩んだ末、微かな望みを託して伸ばした手、貴方は躊躇なく掴んでくれたね。

2度目の些細な綻び、二人でちゃんと、紡ぎ直す事が出来たのは……同じ気持ちだったと、自惚れてもいいのかしら?

この先もね、きっと小さな綻びが出来ちゃうかもしれない……でも、絶対に貴方の手は離さないって決めたんだから。 

遠回しにしか愛情表現してくれない貴方だけれど、その言葉に嘘は無いって、信じてる。

改めて、沢山の感謝と変わらない大好きを……

白い薔薇のようで、青い薔薇が似合う貴方へ
3/13(火)22:15
最新投稿古い投稿

486041アクセス
Presented by Z-Z BOARD